人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

明日のさかい・・参 《今日のさかい 》が 毎日思うこと・・・

sakaituu.exblog.jp

それ 人の世にあるは      草木の 参差たるが如し 良寛

福島県・会津若松市へ Ⅵ

6月4日(土)新潟駅南に会津若松市の観光課が朝早くマイクロバスで御迎えに来て頂き
  水曜見ナイトの伊勢みずほさん:スタッフと会津若松に
         「風評被害を払拭・元気づける」 旅に出発しました!


 「新潟日報の6月7日朝刊・日報抄 」
人は修学旅行と初デートの行き先を一生忘れられない、らしい。本県、とりわけ下越では「会津若松」と聞けば、白虎隊の木刀やドライブの思い出を勝手に語り始める人間が周囲に何人もいる
▼というのは少し大げさだが、「風評被害が大変だから、できる範囲で応援に行こう」と知人が提案したところ、瞬く間に老若男女20人近くが集まった。「困っている隣人を放っておけない」と考える県人がいかに多いか。「熱いぞ新潟」と思った
▼福島県観光のエースがピンチだ。会津藩の本拠だった鶴ケ城の入場者数は5月末現在で例年より3割以上減った。修学旅行に限れば9割減だ。原発から約100キロ離れている。市が、放射能の影響はないと説明しても「同じ県内だから」と敬遠されがちだ
▼この状況に、「かつての敵だが見捨てておけぬ」と、戊辰戦争で会津と戦った薩摩、長州両藩があった鹿児島、山口両県の関係者が6日、鶴ケ城を訪れ、エールを送った。全国から応援ツアーが組まれるきっかけにと意気込む
▼鶴ケ城は今春改修工事を終えた。江戸時代の屋根を再現した「赤瓦」10万枚を製造したのは、阿賀野市の安田瓦の組合である。練達の職人技が生んだ鉄色の赤が、会津の青空を背景に鈍く光る。塗り替えられたしっくいの白もまぶしいほどだ
▼修学旅行や初デート以来、ごぶさたとなっている向きには、あらためて足を運ぶ好機ではなかろうか。幕末は遠い過去となり、会津を救うのに刀も鉄砲も要らない。薩長に負けず劣らず、観光援軍をわが越佐からも送りたい。
新潟日報2011年6月7日

福島県・会津若松市へ Ⅵ_d0039111_17192829.jpg

福島県・会津若松市へ Ⅵ_d0039111_17194373.jpg

by sakaituu | 2011-06-10 00:19 | 今日のさかい

by sakaituu